選び方から掃除法まで!【エアコン大辞典】

自分でやる?依頼する?正しいエアコンの掃除法

エアコンフィルター
Pocket

エアコンは時期によってはほぼ毎日使用する家電のひとつです。しかしその掃除やメンテナンスはどの程度の頻度で行っているでしょうか。

エアコンの内部は私たちが思っている以上に汚れがたまっています。それをそのまま放っておくとエアコンの吹き出し口から汚れた空気が室内に流れ込むことになってしまいます。

それがアレルギーなどの原因など、健康被害にもつながってしまうのです。そこでエアコン掃除の重要性や自分で掃除をするのと業者に依頼するそれぞれのメリット、デメリットについてみていきましょう。

エアコンは日頃の掃除がとても大切

エアコンは定期的な掃除をすることで快適に使用できるようになりますし、省エネ効果も高められるのです。

カビやホコリでいっぱい

エアコンをつけていて何だか部屋の中がカビ臭いなと感じたことはないでしょうか。それはエアコン内部がカビやホコリでいっぱいになっているサインです。

エアコンが空気中の熱を吸い込むときに、空気中のホコリも一緒に吸い取っています。そしてそれらのホコリやフィルターがキャッチしてくれるのですが、フィルターの掃除をしないとホコリを十分取れなくなり汚れた空気が循環するようになります。

そしてホコリが増えるとカビも増えやすくなってしまい、エアコンの吹き出し口から出てくる風にもホコリが混じってしまうのです。

場所によってはかなり汚れている

たとえばキッチンの近くで使用しているエアコンは、他の場所で使っているエアコンと比べて汚れもたまりやすくなります。それはキッチンで調理をすると油汚れが空気中に含まれてしまい、その空気をエアコンが吸い取ってしまうからです。

その油汚れが餌となりカビの繁殖がすすみやすくなってしまうため、汚れもたまりやすいのです。
エアコンをしっかりと掃除しないと、エアコンから出ている汚れた空気を吸い込んでいることになります。
またホコリや汚れがたまっていると、空気の循環が悪くなってしまい冷暖房の効率を下げるのです。

そのためより多くの電力を消費するようになってしまいます。

その他のエアコン掃除方法はこちら → エアコンがクサい!ニオイの原因と必要な対策

自分で掃除する場合のメリット・デメリット

エアコンの掃除は自分で行うことも可能です。
その場合のメリット、デメリットについて理解しておきましょう。

費用を安く抑えられる

自力で掃除をする最大のメリットは、掃除にかかる費用をおさえられることです。業者に頼むと数万円の費用がかかってしまうのです。エアコンの使用頻度高いと掃除の頻度も多くなり、それだけ費用負担も大きくなってしまいます。

細かい部分まで掃除ができない

自分で掃除をするデメリットはエアコンの細部まで掃除ができないことです。インターネットで掃除の方法について紹介されているサイトなどもありますが、万が一エアコンを壊してしまったら大変です。

それを考えるとできる範囲でしか掃除ができないため、完全にきれいに掃除できたとは言い切れなくなります。その点プロの掃除は細かい部分までしっかりと掃除してくれます。

掃除を依頼する場合のメリット・デメリット

エアコン掃除を請け負ってくれる業者も多々ありますが、その場合のメリットとデメリットについても詳しくみていきましょう。

熱交換器まできれいにお掃除

エアコン本体をあけてみるとアルミで作られているヒダが見つかります。これが熱交換器と呼ばれる部分であり、自力で掃除するのが難しい箇所なのです。

しかしこの熱交換器の部分が汚れていると、機能が低下して冷暖房効率が下がってしまいます。その点業者は素人が掃除しづらい部分までしっかりと掃除してくれるのです。

他にもファンなどの細かい部分まで掃除してくれますので、エアコン内部がきれいになります。

費用が高いのがデメリット

エアコンクリーニングを業者に依頼すると、一回当たり数万円の費用がかかってしまいます。
エアコンは定期的にクリーニングが必要ですから、そのたびに業者に依頼をしていると出費もかさみます。

まとめ

エアコンを快適に使用するためにも、省エネ性を高めるためにもエアコンクリーニングは欠かせません。
エアコンクリーニングを自力で行うのと業者に依頼するメリット、デメリットをそれぞれ理解して適切な方法を選ぶようにしましょう。

Pocket