選び方から掃除法まで!【エアコン大辞典】

実は自分でもできる?エアコンの取り付け方

エアコンの清掃業者
Pocket

エアコンを購入した時は、自宅に配送してもらったときに一緒に取り付け作業をしてもらうのが一般的です。またエアコンを付ける位置を変えたいときは、業者に依頼して作業をしてもらうケースがほとんどです。
エアコンの取り付けですが、頑張れば自力でもできるのです。

エアコンを業者に依頼した場合、自分で取り付けた場合のそれぞれのメリット、デメリットについて紹介していきます。自分がエアコンを取り外し、取り付けるときに業者に依頼するか自力で行うかを決める参考にしてみましょう。

【業者に依頼】失敗がないが、高い

エアコンを業者に取り付けるメリットは失敗がないこと、デメリットは費用が高いと言う点です。メリット、デメリットについて詳しくみていきましょう。

業者に依頼するメリット

エアコンやパーツの破損を防げるのも業者に依頼するメリットになります。エアコンを取り外したり、新規で取り付けたりするときにはエアコン本体だけでなくさまざまなパーツが必要になります。
これらの取り付け取り外し作業は、適切な手順で行わないとエアコン本体やパーツの破損につながる危険性を高めます。

またエアコンは高い位置に取り付けることがほとんどですから、重たいエアコンを持ち上げるときにそれなりの力が必要です。

このような作業に慣れていない素人が行ってしまうと、誤ってエアコンを落としてしまったり、パーツを傷つけたりする可能性が出てくるのです。

業者に依頼するデメリット

業者にエアコンの取り付け作業を依頼した場合は、数万円単位の費用がかかってしまいます。
費用相場ですがエアコンの取り付けには5~7万円、取り外しには約1万円の費用がかかると言われています。
付け替えの場合は両方の費用負担が生じてしまいますので、最も費用が高くなってしまうのです。

新規でエアコンを購入した時は取り付け工賃込のことが多いのですが、付け替えの場合は費用がかかります。

エアコンの取り付け取り外しだけでもかなりの出費となり、エアコン本体くらいの価格がかかってしまうのです。

【自分でやる】安く済むが難しい

エアコンを自力で取り付けする最大のメリットは、費用負担を抑えられることです。エアコンの取り付け、取り外しにはそれなりの知識と労力が必要になりますのでそれがデメリットとなります。

その他のエアコン掃除方法はこちら → 自分でやる?依頼する?正しいエアコンの掃除法

自分でやるメリット

エアコンの取り付け、取り外しには10万円近くの費用がかかってしまいます。しかし自力でやってしまえばその費用負担がなくなりますので、浮いた費用を別で有効活用できるようになります。

自分でやるデメリット

エアコンの付け替えの場合、エアコンの取り外し作業はそれほど面倒ではないため自宅にある工具だけで何とか作業できると考えられます。しかし難しいのがエアコンの新規取り付け作業です。取り付け時に専門の部材や工具が必要となることがあり、それらを揃えるだけでも費用負担が大きくなってしまうのです。

また壁に配管を通す必要が出てくる、真空引きなどの作業が出てきてしまったときは専門的な技術を必要とします。

費用負担は安くすむのですがそれなりの労力が必要ですし、正しくエアコンを設置しないとエアコンを故障させることにつながってしまいますので、その点十分注意が必要になります。

まとめ

冷暖房を全てエアコンで賄っている家庭も多いでしょう。エアコンを取り外す、取り付ける作業は簡単ではありませんので、業者に依頼するケースが多く見られます。

工具が揃っておりエアコンの仕組みについてある程度の知識を持っていれば、自力で取り付け、取り外しすることもできるでしょう。

ただし適切なやり方で行わないと、エアコンを故障させてしまい却って費用負担が増えることもありますので十分注意しながら行うようにしてください。

Pocket