選び方から掃除法まで!【エアコン大辞典】

エアコンがクサい!ニオイの原因と必要な対策

エアコンイラスト
Pocket

エアコンを使っていて何だかカビ臭いを感じたことはありませんか。臭いの原因はエアコン内部でカビが発生していると考えられます。エアコンを使っているとほとんどのエアコンでカビが発生する危険性があります。内部掃除機能が付いているエアコンもありますが、それで安心してはいけません。

掃除機能が付いていても汚れやカビを完全に防ぐことは難しいのです。エアコン内部でカビが発生してしまう原因と、その対処方法について知っておきましょう。

エアコンがクサいのはカビの可能性大!

エアコン内部でなぜカビが生えてしまうのか不思議に感じる方も少なくありません。その発生メカニズムとカビによる影響についてみていきましょう。

ホコリや湿気が原因

エアコンは室内の空気の熱を吸い取って、それを外に放出することで室内の温度を下げているのです。
しかし空気を吸い込むときに室内のホコリや汚れまで吸い取ってしまうため、少しずつ内部にもホコリがたまっていきます。

またエアコン内部は運転時に湿度がかなり高くなってしまいます。カビは湿り気のある場所と餌となるホコリによって繁殖がすすみやすくなります。

カビの悪影響

エアコン内部で発生したカビは、空気とともにエアコンの吹き出し口より出てきてしまいます。
つまりカビの胞子が含まれている空気を私たちは吸い込んでいるということになるのです。
そのカビの胞子を吸い込んでしまうと、発熱や咳といった健康被害出てくる原因を作ります。

カビについてはこちらのページがとても詳しいです。
カビ対策マニュアル 基礎編-文部科学省

ニオイを解決するには内部の洗浄が効果的

目に見えないカビの胞子による健康被害を防ぐためにも、対策が必要です。具体的な対策について紹介していきます。

フィルターを洗浄する

エアコン内部に取り込まれた空気中のホコリは、フィルターにたまります。このフィルターにたまっているホコリがカビの餌になりますのでこまめに掃除しましょう。

フィルターのホコリを払うだけでなく、時には水洗いしてよく乾かすことで細かいホコリや付着したカビまでしっかりと落とせるようになります。

定期的なエアコン掃除を

エアコンの内部の汚れはフィルターだけにたまっているのではありません。エアコンフィルターをとると銀色のヒダのようなものが並んでいますが、それは熱交換器になります。

この部分にホコリや汚れがたまっているとそれもまたカビの餌になってしまいます。そこで熱交換器の部分も定期的に掃除をしましょう。エアコン掃除用のスプレーが販売されていますのでそれを使ってもいいですし、プロに依頼するのも手段のひとつです。

エアコンクリーニングをお願いしたいならこちら

カビを予防するには、冷房後に送風運転をしよう

カビは適度な温度と湿気、餌という環境が整うと繁殖をすすめます。カビの繁殖をすすめないようにするためには掃除が重要です。
しかし毎回使用する度に掃除するのも大変ですから、まずはエアコン内部を乾燥させることが大切です。

エアコン内部の湿度

エアコンヲ使用していると室内の空気が乾燥しているように感じられます。しかしエアコンの内部は水分がたまりやすく湿度も高くなります。

エアコン運転時には内部の湿度が90%まで上昇すると言われています。そこでカビのこのむ湿度の高い環境を作らないようにするために、使用後のエアコン内部を乾燥させましょう。

エアコン内部の湿度を下げる

エアコンの湿度を下げる方法は送風モードを利用することです。エアコンのほとんどの機種に送風機能がついているはずですのでそれを上手く利用しましょう。

冷暖房で使用した後のエアコンを20分から30分くらい送風モードで運転させると、エアコン内部の湿度が下がります。

まとめ

エアコンから発せられるカビは健康被害のもとになります。それを発生させないためにも普段から小まめに掃除を行うことと、エアコン内部の湿度を下げる工夫が必要になります。

Pocket