選び方から掃除法まで!【エアコン大辞典】

できるだけおさえたい!エアコンの電気代をやすく済ませる方法とは?

リモコンを持った女性
Pocket

冷暖房効果が高くしかも安全に使えるということで、エアコン一台で過ごす家庭も少なくありません。
しかし外気温が高い夏や寒い冬は、室温を快適に保つためにほぼ一日中エアコンを使っていることと思います。

地球環境のためにもエアコンで使用する電力を少しでも抑えたいところですので、省エネ効果の高いエアコンの使い方について学びましょう。

エアコンは自動運転が一番おトク!

エアコン使用時は運転モードを自分で設定しますが、節電効果を高めるなら自動運転モードに切り替えるのがおすすめです。その理由について紹介していきます。

弱よりも自動運転がおすすめ

節電効果が高いのは弱運転モードだと思っている方も多いでしょう。しかしエアコンがもっとも電力を多く消費するのは設定温度にするときです。

弱設定でエアコンを運転していると、設定温度にするまで時間が多くかかりますのでそれだけ電力消費量も増えてしまうのです。

設定温度になってからは電力消費量が少ない

エアコンはつけている間ずっと電力消費量が多いわけではなく、設定温度になってからは電力消費量が少ないのです。自動運転モードの節電効果が高いのは、もっとも節電効果の高い運転モードに自動的に切り替えてくれるからです。

電力消費量の多い設定温度になるまでは強風で運転し、設定温度になってからは弱運転に切り替えてくれます。

暑い時期の節電術

年々夏の暑さが厳しくなり35度以上を超える日も出てきました。夜も冷房なしでは寝られないほどの暑さが続くと、ほぼ24時間冷房を使っているケースも少なくありません。
暑いときに節電効果を高めるエアコンの使い方について紹介していきます。

扇風機やサーキュレーターを併用する

温かい空気は上のほうに冷たい空気は下の方にたまる特性があります。そこでエアコン使用時にサーキュレーターや扇風機を併用すると空気を循環させて冷房効率を高めてくれるのです。

省エネ性を高めるためには、エアコンの吹き出し口の向きを水平にして扇風機やサーキュレーターを上の方に向かって運転します。

熱をカットする

リビングなどは日当たりのよい南向きに面している家庭が多いと思います。

日当たりが良いとそれだけ太陽の光で室内の空気が温められてしまい、冷房効率が下がってしまいます。
夏は外からの日光の入りを少なくするために、カーテンやブラインドを使い直射日光を遮りましょう。ゴーヤやあさがおなどを育てて緑のカーテンを作るのも、日光を遮り体感温度を下げるのに効果的です。

風量を調節する

エアコンをつけていても暑さを感じるときは、冷房の温度を下げるのではなく風量を調整しましょう。
風量を強くするだけで体感温度が下がりますし、そのほうが設定温度を下げるよりも電力消費量を少なくできるからです。

寒い時期の節電術

寒い時期もエアコンの使用時間が増えますので、節電効果を高める使い方について知っておきましょう。

扇風機やサーキュレーターを使用する

暖かい空気は上にたまる性質がありますので、扇風機やサーキュレーターを使って温かい空気を循環させましょう。
エアコンの吹き出し口の向きは下向き、扇風機やサーキュレーターは天井に向けて運転すると効果的です。

窓に断熱シートを貼る

窓から温まった空気が逃げていきますので、窓の断熱性を高めると暖房効率がよくなります。
ホームセンターなどで断熱シートが販売されていますので、それを使って窓から逃げる熱をシャットアウトしましょう。これは暖房だけでなく冷房効率を高めるのにもおすすめの方法です。

カーテンで保温性を高める

カーテンにもいろいろな種類がありますが熱を逃がさない特性を持つカーテンがありますので、それを使用するのもおすすめです。

また長さは窓に合ったものを選ばないと隙間から熱が逃げて行ってしまいますので,
できるだけ床とのすき間が少ないカーテン丈を選ぶようにします。

その他のエアコン節約術はこちら → エアコンの電気代は「つけっぱなしが安く済む」はホント?

まとめ

エアコンの使い方に気を付けるだけで省エネ性を高められるようになります。またそれ以外のちょっとした工夫を加えることで、さらに電力消費量を抑えられるようになりますので試してみましょう。

Pocket